ほうれい線を予防するには

基礎化粧品

コラーゲンとセラミド

年齢を重ねるごとに、口の周りにあるほうれい線が深くなります。ほうれい線があるだけで5歳以上老けた印象になるようです。ほうれい線が深くなるのは、顔全体の皮膚がたるんでくるからです。たるみができるのには、様々な原因があります。コラーゲンの減少も、たるみの原因の一つです。コラーゲンは真皮層にあるプルプルのみずみずしいタンパク質です。適度な弾力があり、その上にある角質層がたるまないように支えています。しかし、コラーゲンが少なくなると、肌にツヤやハリがなくなり、重力に負けて下がりたるみます。それがほうれい線の悪化の原因の一つです。ほうれい線が目立ってきたら、食べ物やサプリメントでコラーゲンを補うのが効果的です。また、コラーゲン配合の美容液には、高い保湿作用があります。美容液は真皮層まで浸透しないので、スキンケアをして肌のコラーゲンが増えることはないです。しかし、肌に潤いを出し、乾燥を予防する効果が強いので、ほうれい線予防には効果的です。コラーゲンの他にセラミドの美容液に高い保湿作用があります。セラミドは角質層にある潤い物質です。コラーゲンはスキンケアで増やすことはできませんが、セラミドはスキンケアで増やすことができます。なぜならセラミドは皮膚の一番浅いところにあるからです。そのぶんクレンジングやマッサージなどで落ちやすいという欠点がありますが、スキンケアで補うことでカバーできます。コラーゲンやセラミドを配合した美容液は、顔のたるみの予防に高い効果を発揮します。