老化の原因と対策

鏡を見る女性

筋力の低下や乾燥が原因

年をとると様々な部位がたるみやすくなります。まぶたもたるみやすい部位の一つです。まぶたがたるむとアイメイクの際にアイラインが上手に引けなくなる恐れがあります。まぶたのたるみの原因を大きく分けると、「筋力の低下」「乾燥」「目の疲れ」です。目の周りには眼輪筋という筋肉があります。目輪筋は皮膚や脂肪を支えている筋肉ですが、年を取ると衰えていきます。そうすると皮膚や脂肪を支えるベースが劣化し、たるみに繋がります。また、加齢に伴うヒアルロン酸やコラーゲンなどの美肌成分の減少も、まぶたのたるみを引き起こします。美肌成分が低下すると、肌が乾燥しやすくなります。肌の乾燥はしわやたるみの大きな原因です。目の疲れもまぶたのたるみの原因の一つと言われています。目を長時間酷使すると、目の周りの血行が悪くなります。そうすると細胞に栄養が届かなくなり、新陳代謝が低下して肌が劣化していきます。長時間パソコン作業をするときには、時々目を休めて、優しくマッサージをするのがお勧めです。まぶたのたるみを予防するには、美容液によるスキンケアも効果的です。エイジングケア用の美容液なら保湿効果が高く、すべてのたるみに効きます。美容液よりもワンランク上のエイジングケアができるのがアイクリームです。アイクリームは、目元専用の美容液です。目元のデリケートな皮膚に負担にならないように伸びが良いテクスチャーになっています。レチノールやヒアルロン酸、ビタミンC誘導体などの美容液成分がまぶたにハリと潤いを与えます。