目の疲れも影響しています

化粧品

若い世代に多いくまとたるみの原因は、スマートフォンなどの画面の見すぎによる疲れ目だと思われます。そのため、疲れ目を改善する策を取るとともに、美容液を使ってくまとたるみにアプローチしていくことが重要です。

20代から始める老化対策

鏡を見る女性

乾燥や活性酸素を防ぐ

多くの人が、20代後半くらいから頬の毛穴が目立ってきたり、目もとや口もとの乾燥が気になってきたりします。10代のころは化粧水をバシャバシャつけるだけでも美肌を保てますが、20代になるとそうはいかなくなります。やはり10代の頃よりも代謝が悪くなり、活性酸素が溜まり、肌が酸化してツヤやハリが明らかに低下します。40代になって手遅れにならないように、20代のうちから、アンチエイジングを心がけることが大切です。アンチエイジングに必要な基礎化粧品が美容液です。化粧水のあとに美容液をプラスするのが、アンチエイジングの基本です。化粧水だけだと肌が乾燥しますが、美容液で保湿成分を与えると乾燥に強い肌になります。乾燥はたるみやシワの大敵であることはよく知られています。美容液はたるみやシワを予防する効果がある保湿成分がたっぷり配合されている化粧品です。また、活性酸素を除去するタイプの美容液には、抗酸化作用があります。抗酸化作用とは、肌のサビを予防する作用のことです。加齢で肌にサビが蓄積すると、たるみやシワ、しみやくすみにつながるので要注意です。しかし、活性酸素除去効果がある美容液を使ってスキンケアをすることで、肌のサビ予防が可能です。具体的にはアプレシエ(apps)やフラーレンなどの美容成分に、強い抗酸化作用があります。様々な美容成分を配合した美容液を塗ることでたるみやシワが予防できて、年齢に負けない肌になります。

ほうれい線を予防するには

基礎化粧品

ほうれい線は老け顔の象徴です。顔にほうれい線があるだけで、5歳以上は老けてみられます。加齢に伴いほうれい線が深くなるのは、顔のたるみが原因です。ほうれい線が深くなる前に、美容液で保湿することが大切です。

老化の原因と対策

鏡を見る女性

年を取るとまぶたの皮膚がたるんできてアイラインが引きにくくなります。まぶたのたるみが悪化すると、セルフケアで治すのは大変です。すっかりたるんでしまう前に、目元専用の美容液を塗ってエイジングケアをすると効果的です。